終業式

全体集会(中学校)

本日は終業式です。開智ホールで全体集会が行われました。校長先生からのお話では、「時を守り、場を浄め、礼を正す」ということを忘れずに行動し、不得意な教科についてはしっかり努力し、自分を高めていける夏休みにしてほしい、というお言葉をいただきました。
生徒の皆さん、待ちに待った夏休みを有意義に過ごしてくださいね。


釜山姉妹校訪問(最終日)

お土産を買って、帰路につきます。帰りの便は予定より20分遅れて関西国際空港に到着しました。
入国手続きを済ませ、無事に解散です。
国を越えた学校同士の交流会ですが、心を通わせるのは人と人です。韓国の学生たちの温かい受け入れが、開智の生徒たちの心に素直に届いた交流会となりました。この出会いが双方の子どもたちの心に深く根付き友好的な国際社会を築いていって欲しいと同時に、出会った刺激が目標に向う力となりますように。


韓国姉妹校訪問(2日目)

慶州

早朝7:40に韓国最大の魚市場であるジャガルチ市場を見学した後、姉妹校学生と慶州市へ向いました。慶州は古都という点では日本の京都や奈良に相当し、韓国国内は勿論、世界各地からたくさんの観光客が訪れる場所です。


石窟寺にて

世界遺産である仏国寺や石窟寺そして国立慶州博物館を訪れ、韓国の歴史遺産を学びました。豊かな自然の中を歩きながら、生徒達は国境を越えて交流を深めていました。


昼食のプルコギ

昼食はプルコギと石焼ビビンバです。比較的、日本人に合わせた味付けのお店で、日本の生徒達は美味しいと大満足の様子でした。
夕方には釜山に戻り、各グループに分かれて釜山の町を巡りました。


釜山の町

夜、別れのとき。
誰もが韓国の姉妹校学生との別れを惜しみ、抱き合い涙する生徒も少なくありませんでした。言葉がわからず、言いたいことの半分も言えなかったけれど、「会えてよかった。ありがとう。」という気持ちは見ていて強く伝わってきました。


韓国姉妹校訪問

大韓航空旅客機

7月28日(水)韓国姉妹校「釜山鎮女子高等学校」の生徒と交流するため、我が校から18名の生徒が韓国へ出発しました。参加者の内訳は中等部4年生が14名、5年生が2名、高等部3年生が2名です。





釜山鎮女子高校からの眺め

初日、釜山上空は天候不良のため飛行機が着陸することができず、一旦ソウル国際空港へ不時着しました。その後5時間遅れで、機内は安全に釜山へ到着しました。


釜山の学生たち

釜山空港からバスで40分走り、午後8時過ぎようやく「釜山鎮女子高等学校」に到着しました。
遅い到着にもかかわらず、先方の学生さんは笑顔と拍手で開智の生徒を迎えてくれ、現地生徒との初対面を果たしました。


学食での夕食

開会式の後、学食でバイキング形式の夕食をいただきました。この後、釜山女子生徒による迫力ある太鼓やチマ・チョゴリを着て楽しませていただきました。


三者懇談会 開始

7月28日~30日まで、本校は三者懇談会を実施しております。
日頃の生活面、夏休みの過ごし方、成績などについて話し合います。特に中6、高3の生徒にとっては夏休みの時間の使い方が非常に重要になってきます。
終業式を前に、自分の課題を再認識し、気持ちを引き締めて夏休みを過ごしてほしいと思います。


三者懇談会 予定表


カテゴリーリスト

月別アーカイブ